持統女帝ゆかりの地 詳細

あすかきゅうせき(あすかきよはらのみや)飛鳥宮跡(飛鳥浄御原宮)

持統女帝が天武天皇と共にさまざまな政策を実施した宮殿の跡です。ここで女帝は、律令国家の形成に邁進しました。 この地は複数の宮殿遺構が重なっており、現在復元されている石敷広場や大井戸跡は、持統女帝の宮殿、飛鳥浄御原宮のものです。

基本情報

住所
奈良県高市郡明日香村岡
アクセス方法
赤かめ周遊バス岡橋本下車約5分または岡戎前下車約5分
参考情報掲載サイト
あすかナビ