斉明女帝ゆかりの地 詳細

きびひめのみこのはか(ひのくまのはか)吉備姫王墓(檜隈墓)

斉明女帝の母、吉備姫王の墓とされています。 吉備姫王は欽明天皇の孫でもあり、天智天皇・天武天皇の祖母にあたります。『日本書紀』には檀弓岡に葬られたとありますが、『延喜式』諸陵寮には欽明天皇陵の御陵内に墓があると記され、現在の地と推定されました。 近くの水田から掘り出され、その形から猿石と呼ばれる石造物もここに置かれており、見ることができます。斉明女帝は飛鳥で多くの石造物を造っており、その性格はまだ不明ですが、古代人との謎解きをするのもおもしろいかもしれません。

基本情報

住所
奈良県高市郡明日香村平田
お問い合わせ先
飛鳥京観光協会 0744-54-2362
利用・入場料
無料
アクセス方法
近鉄飛鳥駅から徒歩約8分
参考情報掲載サイト
あすかナビ