斉明女帝ゆかりの地 詳細

あすかきょうあとえんち飛鳥京跡苑池

飛鳥宮の庭園跡です。 中国などの影響を受けて斉明女帝が宮殿に隣接して造った饗宴の空間で、池は石積みの護岸がなされ、底には石が敷き詰められていました。 池の南側には、高さ1.65mの噴水用の石造物が設置され、導水用石造物である出水酒船石と組み合うこともわかっています。斉明女帝はこのような庭園をつくり、海外からの賓客をもてなしていたと考えられます。

基本情報

住所
奈良県高市郡明日香村岡
お問い合わせ先
飛鳥京観光協会 0744-54-2362
アクセス方法
赤かめ周遊バス岡天理教前下車徒歩7分
参考情報掲載サイト
あすかナビ