斉明女帝ゆかりの地 詳細

あすかかわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社

飛鳥川上流域にある日本で一番長い名前の神社で、皇極女帝(のちの斉明女帝)の雨乞いが、南無天踊りとしていまに伝わっています。 祭神は宇須多伎比売・神功皇后・応神天皇。本殿はなく、拝殿後方の南淵山をご神体とする原始神道の神社で、境内まで200段近い石段を登ると、神秘的なパワーを感じます。

基本情報

住所
奈良県高市郡明日香村稲渕698
利用・入場料
無料
アクセス方法
赤かめ周遊バス石舞台下車徒歩約40分
参考情報掲載サイト
あすかナビ