推古女帝ゆかりの地 詳細

とゆらのみやあと豊浦宮跡

豊浦宮は推古女帝が即位した宮殿。その遺跡が向原寺内で見学できます。 宮殿を支えた柱の穴が残る石敷きは、推古女帝も歩いたのではと考えられる貴重な遺跡。本物の歴史の跡をすぐそばで見ることができます。 また、向原寺の本堂にある観音菩薩像も見どころ。お顔の部分は飛鳥時代に作られたもので、やさしい笑みに心もなごみます。

基本情報

住所
奈良県明日香村豊浦630(向原寺内)
お問い合わせ先
 0744-54-2512
利用・入場料
200円
営業時間
8:30〜17:00
アクセス方法
赤かめ周遊バス豊浦下車すぐ
参考情報掲載サイト
あすかナビ