推古女帝ゆかりの地 詳細

いかづちのおかとうほういせき雷丘東方遺跡

雷丘東方遺跡は、推古女帝が冠位十二階や十七条憲法を定めるなどさまざまな政策を実践した小墾田宮があったとされている場所です。 「小治田宮」と書かれた奈良時代の土器が出土したことから、推古の時代に創建された小墾田宮が、奈良時代までここに存在していたのではと考えられています。

基本情報

住所
奈良県高市郡明日香村雷
アクセス方法
赤かめ周遊バス飛鳥下車徒歩約5分
参考情報掲載サイト
あすかナビ