善信尼ゆかりの地 詳細

さかたでらあと坂田寺跡

善信尼の父、司馬達等が創建した初期の寺院です。 善信尼が父の思いを受け継いだ象徴的な尼寺で、飛鳥五大寺の一つでもあります。 『日本書紀』に、「約4.85メートルの仏像と寺を建てて奉った。坂田寺の木製の仏像とけふじの菩薩がそれである。」と記されています。 金堂・講堂の北東には鎮壇具を納めた土坑がみつかっており、鏡・金箔・絹糸・銅銭・水晶玉などが出土しています。

基本情報

住所
奈良県明日香村阪田408
お問い合わせ先
 0744-54-2362
利用・入場料
無料
アクセス方法
赤かめ周遊バス石舞台下車徒歩約15分
参考情報掲載サイト
あすかナビ