善信尼ゆかりの地 詳細

だいかんだいじあと大官大寺跡

飛鳥五大寺の一つです。 飛鳥・藤原京の一帯で創建された古代寺院で最大でしたが、造営中に火災で焼失しました。 朱鳥元年(686年)には天武天皇の病気回復の祈願が行われ、持統女帝の時梵鐘を鋳造、文武天皇の時には九重塔や金堂が完成し、大寺院として荘厳をきわめたといわれています。特に塔は方五間、講堂は正面九間、側面四間もある雄大な規模を有していました。

基本情報

住所
奈良県高市郡明日香村小山
アクセス方法
赤かめ周遊バス明日香小山下車徒歩約5分
参考情報掲載サイト
あすかナビ